Deferred Lighting

長所

・オブジェクトに影響を与えることができる光の数に制限はない

・すべて等法マップ等と正しく相互作用することを意味し、ピクセルごとにに評価

・すべての光は、クッキーとシャドウを持つことができる

・ライティングの処理のオーバーヘッドは光が照らすピクセルの数に比例するという利点があります。これはどれくらいのオブジェクトを照らすかに関係なく、シーンの中で光のボリュームのサイズによって決定

・光のエフェクトは、ピクセルごとに計算されるので、大きな三角形で失敗するライティングの計算はありません

短所

アンチエイリアシングのための実際のサポートがなく、半透明のオブジェクトを処理することはできない

・(これらは、フォワードレンダリングを使用してレンダリングされる)

・カリングマスクは限られた方法でサポートされているだけ

 

docs.unity3d.com

docs.unity3d.com

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

今後の課題

ディファード、フォワードの検証

広告を非表示にする